毛の周期について

高松ミュゼ

人の体にはいろいろな周期があります。効率のよい脱毛を目指すのなら、体の各部分の毛周期について知るのも自分に合った脱毛方法を選ぶ助けになります。

 

毛周期とは毛の生え替わるサイクルのことです。人の皮膚の上に出て見えている毛はどの部分でも全本数の大体3分の1だそうです。毛母(もうぼ)と呼ばれる細胞が分裂を始めてから毛が抜けて落ちるまで、毛の一生には成長期・退行期・休止期の3段階があります。

 

毛母細胞が盛んに分裂し皮膚の下で成長を始める成長期は、毛乳頭と毛本体はしっかりくっつき栄養を毛細血管から取り込んでいます。成長期の後半から、細胞分裂がなくなり退行期には徐々に毛が痩せていきます。

 

毛乳頭と毛の本体のつながりはゆるみ毛が押し上げられていき、休止期には毛と毛乳頭が完全に離ればなれ。

 

毛は抜けて、毛穴は2分の1以下に縮み毛穴はしばらく活動をお休み。また、成長期になり毛母細胞分裂が行われるという周期をずっと繰り返します。

 

全身の各部分の生え替わりは顔部分のスピードが早く、眉毛やまつげの1日で成長する長さは0.2ミリ以下ですが生え替わる早さは約2ヶ月だそう。

 

あご周辺の毛は同じく生え替わりの早さは約2ヶ月です。眉毛や鼻毛の毛周期は年齢を経るごとに長くなると言われています。ということは、年をとる度に毛が長くなるということですから定期的なお手入れが必要です。

 

成長期が長い髪の毛は1日に0.4ミリほど伸びます。成長期が長い髪の毛は生え替わりが分かり難いですが、毛が抜けると大体4ヶ月で生えるそうです。

 

髪の毛は男女では成長期は男性の方が短く、髪の毛を伸ばし放題にしても腰の位置までしか伸びないそうです。

 

女性は身長と同程度までなら髪の毛を伸ばすことが出来るそうです。グリム童話に出てくる塔に幽閉されたラプンツェルのお話は童話ならではです。 女性が特に気にする脇やビキニラインの毛が生え替わるスピードは髪の毛と同じ約4ヶ月ですが、1日に伸びる長さは脇の下が0.3ミリでビキニラインは0.2ミリです。

 

手や脚の毛は皮膚の表面に出てから自然に抜けるまでの期間が長いという特徴があります。成長期は3ヶ月から半年までと個人で期間の長さが違います。 首から上は髪の毛を除いて生え替わりのスピードが、体毛の生え替わりスピードより約2ヶ月は短い。

 

ということは顔部分の脱毛と身体の脱毛を同じ日に処理しても、顔の毛が先行して伸びて来ます。 脱毛時に考慮しなくてはならないのは毛の成長スピードだけではありません。毛穴の開きの方向も重要です。毛の流れ方向に沿って力を加えると毛は簡単に抜けるのですが、腕や脚の毛穴は一定の方向を向いていますが、脇やビキニラインは毛穴の開く方向はバラバラです。施術に時間のかかる、電気針脱毛士の腕が問われる部分です。